Compound machine navi

リース契約のメリット

複合機はリース契約がいいの?

コピー機や複合機は購入するよりリース契約での導入が一般的になっています。
月々の契約費用がかかるのでトータルで考えると、購入より高価になるのに、どうしてと思う人も多いでしょう。
それはリース契約によるメリットがあるためです。
まず購入とは違い、初期費用が削減できるのが最大のメリットでしょう。
会社を立ち上げたばかりの人には大金になるため、複合機を導入する資金を他に充てたいという理由があります。
また大きな企業では、契約料金を経費として扱えるため、ランニングコストが把握しやすいという理由が挙げられます。
リース契約で導入した複合機は、契約した会社の所有権となるため、減価償却や固定資産税の問題がないのも大きなメリットとなります。
通常、購入した複合機は紙詰まりや印刷時の掠れなどの問題が出て、メンテナンスが必要になります。
誰もが経験する不具合ですが、修理のための時間や費用がかかるのは困りものです。
それらの問題も別料金ですが、保守料金を払うことで、定期的にメンテナンスを行ってくれるので、時間や人手が足りない企業には重宝します。

複合機をリース契約するメリット

 現在、業務用の複合機は、リース契約による導入が一般化されています。
これは、専門の会社が購入した機器を、利用者が有料で借りることを言います。
これだとレンタル契約と同じように見えますが、レンタル契約は貸し出しが数日間で、商品の選択権がレンタル会社側にあるのに対し、この場合は、商品を利用者が選び、長期間借り受けることができるという違いがあります。
リース契約の最大のメリットは、複合機を購入するのが利用者ではないため、購入用の資金を用意する必要がないということです。
また、複合機の所有権がリース会社にあるため、利用者が減価償却費や固定資産税のことを考えなくてよい点、月々の料金が経費扱いとして計上される点なども、経済的に見て大きなメリットとなります。
 一方、問題点としては、手数料などの問題により、最終的には購入するよりも高くなるという点があります。
しかし、前述のように、購入資金を用意することを比較するならば、月々に一定額を払った方が、会社の負担が少ないということになります。
また、中途解約ができない点や所有権が利用者にない点なども問題点となりますが、総合的に見た場合は、やはりメリットの方が大きいと言えます。

おすすめWEBサイト

2016/3/22 更新

(c)CopyRight  Compound machine navi.